世界初!ビーチ相撲専用MAWASHI発表のお知らせ

2009年7月26日猿島大会閉会式にて世界で初のビーチ相撲専用MAWASHIを皆さまにプロトタイプとしてお披露目致します。

開発コンセプト、デザイナーsugiXがMAWASHIに託した想い、そして実用性を達成するためのメンバーがこめた数々の工夫。

コンセプトについては、大会終了後にまたこの場を借りて報告いたします。残念ながら猿島にお越しいただけない方も楽しみにお待ち下さい!

猿島大会2009、いよいよ次の日曜日です!

いよいよ今週の日曜日に迫った猿島大会2009、
天気もばっちし、
わくわくするニュースも続々届いてますよ!

どんどん積みあがるビールと資材の山!
beer

京急線にはヤマキョン&ヒラナオ制作の吊り広告が!
keikyu

ヤマケン制作の協会オリジナル賞状のデザインは秀逸すぎ!
(まだ秘密なので一部だけ)
shoujoupart

そして、熱中症対策の最終兵器、
スプラッシュガールズってなんだ??
splush

参加者&スタッフの皆さん、もりあがっていきましょう!

あと少しですが、空き枠も確保してありますよ!
お申込はこちらからお願いします。


事務局カガタ

猿島大会:7/11 Fm yokohama朝の情報番組で特集があります

theburn

こんにちは、事務局のカガタです。
西島さん、広報担当の福山くんのご尽力で、
ビーチ相撲協会の特集コーナーが組まれ、
出演させていただくことになりました。
マワシ担当のヨシダくんと一緒に、ビーチ相撲の魅力と
猿島大会のことを存分にしゃべってこようと思います。

●番組情報
7月11日(土)
Fm yokohama(84.7)土曜朝5時〜8時のアウトドアプログラム"The Burn"
ビーチ相撲特集は朝7:15-7:25の予定

【特集内容(下記の一部予定)】

〜ビーチ相撲と相撲の違いって?
 体型なんて関係ない!素人でもOKなように安全にも配慮

〜ビーチ相撲が生む友情
 見知らぬ人同士も、一度対戦すれば、相撲談義で意気投合。
 ほんとに不思議

〜ビーチ相撲からリアル相撲への広がりが!
 ビーチで相撲に目覚め、ほんとの土俵にあがる人も続出

〜一番砂浜を転げまわるのはビーチ相撲
 ビーチ相撲から生まれる浜辺の環境意識

〜ビーチ相撲は世代を超える!
 老若男女、町ぐるみで楽しめるビーチ相撲の魅力。
 過疎地域の町興しの可能性

〜ビーチ相撲セット、日本全国貸し出しますよ!
 そのうち高校や大学にビーチ相撲クラブができたらいいな

〜ビーチ相撲は海を越える
 来年は三宅島、そしてバリ島にも。

〜そして、マワシプロジェクト

【出演者情報】

加形拓也ーかがたたくやー(日本ビーチ相撲協会事務局長)

1978年千葉県うまれ。
幼少からの相撲好きが昂じて現在は両国在住のサラリーマン。
海でのレクリエーションの一環として、
2003年から毎年ビーチ相撲大会を開催。
ビーチ相撲は、普段相撲をとらない人でも気軽に参加できること、
知らない人同士でも相撲をとれば友情がうまれることに気づく。
2008年、相撲の稽古仲間、会社で結成した相撲部の仲間とともに、
日本ビーチ相撲協会を設立。
2008年は関東・関西・中部の3箇所で大会を開催した。
今年はさらに活動を拡げ、
関東大会は横須賀沖の無人島、猿島で開催することに。


吉田守博ーよしだもりひろー(日本ビーチ相撲協会マワシ担当)

1983年岩手県盛岡市うまれ。
2008年、加形を通じてビーチ相撲の存在を知り、
その理念に深く賛同。
「ビーチ相撲をもっと普及させるには、ビーチに映える
かっこいいMAWASHIの開発が急務!」との思いを抱く。

自動車会社勤務であることを生かし、同期のカーデザイナーと
ともに、ビーチ相撲協会にMAWASHIプロジェクトを立ち上げる。

デザイン、素材・生産業者の選定、加工方法から開発資金の捻出など、
多くのメンバーを巻き込みながら強力に推進。
2009年7月、ついにプロトタイプを完成させた。
さらに相撲の真髄にふれるため、通常の相撲大会にも出場
初心者とは思えないファイティングスピリットで戦い、
MAWASHIの果たす役割にもさらに習熟した。

MAWASHIのクオリティアップをさらに推進する一方、
大会で使える数量を生産するために、技術援助、資金援助をしてくれるスポンサー探しが今後の目標。

猿島バーベキュー

NBSAlogo
roadtodeck

●開催情報:開催します!
      横須賀の天気予報は「くもり」。途中1mm程度の雨が
      ぱらつく程度、ということです。海風も気持ちいいと
      思いますので、やりましょう!
      ただし、屋根はありませんので、折りたたみ傘と
      上着はご持参くださいね。(5/6 7:30 カガタ)

日本ビーチ相撲協会では、
今年の夏の関東地区大会開催場所が、東京湾唯一の無人島「猿島」に
決まった(決まりそうな)ことを受け、
より多くの人に島に親しんでもらうため、バーベキュー大会を行います。

●日時:5月6日(祝)

●場所:横須賀沖「猿島」
    京急線横須賀中央駅東口改札に集合。
    (ビーチ相撲協会ロゴが目印)。三笠桟橋から船で10分。

●集合:男性:10:00
    女性:11:00
    *船の時間が限られていますので、遅刻した人は待たずに
     先に行ってしまいます。気をつけてくださいね!

●持ち物:
    自分がたべる分の”白いごはん”。*タイカレーつくります

●料理テーマ:
    〜うまさパンデミック!!
    多国籍キュイジーヌ(含メキシカン)〜になりました。
    都内での打ち合わせ&買出し複数回を経て、
    シェフ一同、めちゃめちゃはりきっております。
    ・タコス
    ・タイカレー
    ・その他もろもろ

    もちろん限定バー"Monkey Talk"もオープンいたします!

●連絡先:

 officeアットbeachsumo.org
 までメールをください。今回の幹事のケータイにメールが転送されます。

●予算:平均2500円程度(学生/男女/酒量による傾斜配分あり)
    *フェリー代往復1200円除く

それでは、島でお会いしましょう!

駆け出しNPOのための会計実務&報告ディスカッション



米山です。

3月4日(水)、新橋にて、「駆け出しNPOのための会計実務&報告ディスカッション」と題して会計知識の共有のために勉強会を開きました。

ビーチ相撲協会が法人化するにあたり、対外的に信用を得ていくにはどうしたらいいのか…。
そのための一つの要素として「会計の透明性」が挙げられます。
とはいえ、まだまだ駆け出しのNPOには専門的な知識もありません。

そこで!加形さんの会社同期で、ビーチ相撲協会のメンバーでもあるきのぴさんに
会計の解説をしていただきました。
きのぴさんは会社で労組の会計担当を長くしており、
根本的な会計の知識から、NPOのような小規模組織に適した会計の考え方を分かりやすく説明していただきました。

簡単なまとめ
・形式は費目ごとに分類できる「複式簿記」を採るのが好ましい。
・月ごと、四半期ごとなど、短いスパンでの中間決算をやるべき。
 ※(あるいはイベントごとや支援団体ごとに決算するなどは自由に決めてよい)
・精算規則(精算の可否を定めたもの)を決めること。
・精算台帳の作成(各領収書にナンバリングしておくことが望ましい)
・領収書精算の同時化(提案:領収書と現金はその場でトレードオフにする。その際予め会計の日を決めておいたり、金額を聞いておくとスムーズに行われる)

以上です。


ビーチ相撲はとにかく楽しい!!

しかしそれだけでなく「おっ、ここはちゃんとやってるな」という印象を持っていただけるように、会計という基礎からしっかり固めていきたいなと思います。

簡単ですが報告とさせていただきます。

米山





讀賣新聞の取材を受けました。

副理事長の古賀です。ごっちゃりんこ。
お台場のビーチにて讀賣新聞社の取材を受けてまいりました。
取材の結果は2月22日(予定)の讀賣新聞日曜版『オフの一押し』という
企業人の休日の趣味を紹介する企画にて紹介される予定です。

内容はビーチ相撲への想いや、普段の私の担当している業務の話などなど。
ご家族、ご近所お声かけの上、是非是非見てみてください!

古賀

2009.1.30 日本ビーチ相撲協会の総会を開催しました!

こんにちは!
とにかく耐えがたい寒さですね。
会員の大学生、平野です。
事務局長の加形さんのご指名で投稿させていただきます!

僕はまるで神様が聖者たちのためにとっておいたような幸福な日々を送っています!
長い人生、この先々どうなろうと、僕の人生の喜びを、もっとも清らかで滑らかな喜びを味わっています。
昨日もコンビニで買ったメロンパンが涙がでるほど美味しかったです。

くだらない前おきはここまでにします!!笑


最近のビーチ相撲協会は熱い!!

相撲試合、相撲観戦、etc・・・大きなイベントが目白押しです。

1月30日(金)、神保町の学士会館で、
今年度のビーチ相撲協会の活動内容について話し合う
ビーチ相撲総会を開きました!


そんな大切な日だからこそ、皆さん月末でかなりお仕事お忙しいのにも拘わらず、なんと25名も参加していただきました!!この熱さが命だと思います。
ありがとうございます!
あまりの人の多さに椅子を追加するほどの事態に笑

わずか2年間でここまで大きくなるとは・・・
2年前、ビーチ相撲が発足したのは今の理事をやっているたったの3人でした!
それが今では30人以上!
情熱って本当に大事なんだなと改めて思いました!


では、本題に入ります!
今回の総会の趣旨は「企画の全体共有」と「意見の出し合い」です。
かなりガチでやりました!
正直、これを書いている僕も、この会議の前までは、この熱い集団の中で何が動いていて、どこに行こうとしているのか、状況がつかめない状態でしたが、この日でようやく全貌をつかめました(^_^;)



主な議論の内容は以下の通りです。

ロゴの発表

砂・波・土俵をモチーフにしたシンプルなデザイン♪
そう!!ホームページの右上に乗っているやつです!

WEBのリニューアル
これは大学生が考えてくれました★
これを作るのに何日もかけてくれたそうで、本当にありがとうございます!
今後の方向としてはWEB内でも楽しめるようなインタラクションを考えていくそうです!
楽しみです!

ビーチ相撲の行司認定試験
ビーチ相撲を全国に普及させるためには、大会運営全般のスタンダード化が必須です。
それには運営マニュアルを作らなくてはいけないのです!!
その作業において一番重要なのものは、とにかく相撲の根底にあるものを深く理解して、それを文字化・言語化することです。
口でいうと簡単ですが、実はこれこそが核となる大変な作業で、これがうまくできるかどうかに今後のビーチ相撲の行方がかかっています!
でも、このチームは本当にアツい人達が集まっていますので、心配はしていません。
ぜひ期待して下さい★

今年のビーチ相撲の開催予定地
関東地区・中部地区・近畿地区・九州地区に分けて、それぞれの開催予定地が決まりました! 
 
オフィシャルグッズ
ビーチ相撲特製オリジナルグッズまで考えています!
これは僕も知りませんでした!!笑
ビーチ相撲に来てくれた人には、グッズでも楽しんでもらいたい。、
最終的には、Tシャツやビーチサンダルを作るとことまでいきたいそうです!

マワシ
このチームの発表が個人的に一番面白くかつ、プレゼンの勉強になりました!!
男性でも相撲のマワシを着けるのに抵抗あるっていう人は結構いますよね!そのために、ビーチ相撲協会は特製マワシを考えています!
ビーチ相撲に適したマワシとは何ぞや??
その答えは、なんかこれつけたら強そうだな!!と思えるもので、かつ安全でなければなりません。
それでいてスタイリッシュで、着脱も簡単である。そんなマワシです。!!
その他にも何個かありますが、少し長くなるので省略します!
デザインのコンセプトって本当に大事だなって思いました。


ちゃんこ
相撲の食べ物と言ったらちゃんこ!!chanko!!
去年のビーチ相撲はカレーちゃんこでしたね!
あのカレーちゃんこは、最高でした!
ビーチで爽やかな汗をかいて、江ノ島を眺めながら、海の風に当たり、鍋を囲んで、ともに戦った相手と語り合う!!
こんな体験、望んでも手にはいらないですよね!
カレーちゃんこを料理したコックさん役の方は、なんとビーチ相撲開催日の前日からグツグツ煮込んでいたとのこと!本当にお疲れ様です★
今年も楽しみに待っています!

メディア対応
基本的には広報作業。
各地で開催するビーチ相撲にメディアの方達を呼びます。
勿論、メディアで取り上げてもらうため!!
そしてつい最近!!
読売新聞にビーチ相撲を扱ってもらいました!
これはビーチ相撲が日本に広まるための、ささやかながら偉大な一歩であります!
 
環境保全
ビーチ相撲が掲げるひとつのモットーに「砂浜は大会前よりきれいにして帰る」というものがあります!
そのモットーの振り返りを主にやりました!!
そこで一つ面白い意見がでました!
ビーチ相撲に環境保全のNPO団体を呼ぼう!というものです!
例えば砂浜にいる小さな生物を見つけるというNPO団体に参加してもらうのも面白そう!!
もし関係者が知人にいたら紹介してください♪

会計・営業・財務の兼務について
入会金・年会費など、できるだけローコストで参加してもらおうということを発表してくれました!
それと会計・財務の人員が足りなくて困っているらしいです^_^;

医療について
去年に引き続き、医療に関しては万全の体勢でのぞみたいと思います!!
AEDの設置
近隣の医療機関へのごあいさつ
緊急医療道具
などについて話し合いました!

以上が話し合った内容です!!

拙い文ですが、最後まで読んでくれてありがとうございます!!

今年のビーチ相撲はマジで期待してください!
情熱という概念を形にして表します!!

大相撲1月場所 〜千秋楽〜


1月25日(日) 大相撲1月場所★千秋楽★を22名で観戦してきました。

私は初めての相撲観戦。
よくわからないまま観て応援するというちょっと申し訳ない感じでした。
でも、真正面からぶつかり合って勝負する姿に感動し、いつの間にかのめり込んでいる
自分にびっくり。

戦っている時間は短いのですが、最後の最後まで勝負はわからない。
攻めてるかな・・・と思いきや、一瞬で逆転する場面も多々あり、ハラハラドキドキしてもぅ〜
目が離せませんモゴモゴ
残りの試合数が少なくなってきた頃、麻生総理登場!!一瞬にして会場は大賑わい!!

そして皆さんご存じの通り、朝青龍が優勝。
おめでとぅございます拍手

会場には思っていたより外人さんもいらっしゃって、改めて、日本の文化を大切にしていきたいな・・・
とこっそり思いました。


表彰式終了後、次の会場である“ちゃんこ「悠」”へ。
ただの飲み会では終わらせないところが、さすがビーチ相撲協会の方たち。
“トントン相撲(?)”ゲームを用意してくださってました。
男女ペアを組み、紙で作った力士を手作りの紙土俵に置き、トントンしながら勝負!!
しかも、あらかじめ用意してあるクジの指示に従いながらトントンするのです。
割り箸を口にくわえたり、モノマネしながらトントンしたりと・・・とにかくゲームしている方もそれを応援している人たちも楽しめるゲームでしたラッキー

数か月前までは全然お相撲に興味がなかった私ですが、今後は自分のペースを保ちつつ、ビーチ相撲にどんどん関わっていきたいと思います。


最後になりましたが、今回の企画準備をしてくださったカガタさん、熊木さん、ぽにょさん、どうもありがとうございました♪
本当に本当に楽しかったです桜


坂元 裕子

活動報告!「文京区民相撲大会」


11月16日に文京区スポーツセンターにて行われました「文京区民相撲大会」に日本ビーチ相撲協会より有志11名で参戦してきました。



日本ビーチ相撲協会の仕事は頭を駆使するデスクワークだけではありません!
そう!身体を動かし、実際に相撲をとらないと、相撲の楽しみも醍醐味も味わえません!そして人に伝えられません!

今後のビーチ相撲の発展のためには、本家の相撲を学ぶ必要がある、それが今回の活動の趣旨というわけです。


当日はあいにくの雨…とはいってもジメジメした嫌な感じではなく静かで、落ち着いた秋の雰囲気を感じました。
会場周辺の大学キャンパス、公園の静けさはこれから始まる激戦死闘とは全くの無縁…。


会場に向かうと

「こんにちわー」
顔にはあどけなさを残し、声変わりもまだ微妙な年頃であろう少年がさわやかな挨拶を…いやいやいや見るべくはその体躯!!
一瞬にして「こいつガチで相撲やってやがんな!」というのが分かる圧倒的存在感。

「こっ、こちわ!」と半ば挙動不審な挨拶をしてしまう自分…(恥)

同様に少なからず体躯雰囲気に圧倒されるビーチ相撲協会の猛者達…

と思いきや、
 「あいつらにはぜってー負けたくねぇ」
「いや勝たなきゃだめでしょ」
 


と次々に口からこぼれる滾る闘志、これぞ相撲魂!!(?)


ところで一般の部の前に、幼児児童クラスの部が執り行われていたのですが、こうした感じが将来のビーチ相撲の形に加わればいいかなと思いました。
小難しいルールや技を知らない子供達が、必死になって取り組む姿は微笑ましくもあり、また相撲という文化がちゃんと地域活動の中で息づいている好例だと思いました。

決して暗い話題ばかりじゃないぞ!相撲界。

さてさて、ビーチ相撲協会の猛者達の相撲ですが、初めてまわしを巻く人、反対に他の人に巻けるほど手慣れた人、様々な経験度を持つ人が集まっていましたが、総じて言えるのは

「誰も逃げてねぇ!」

でした。
初めてやる人も、それなりに経験を持った人も、どんな相手だろうが関係なく正面からガチンコで突っ込む!
たとえ社会人だろうが中学生だろうが“同じ土俵の上に立”てば対場は同じなのです!
そんなかんなで予選3戦の内2勝以上が進める決勝トーナメントに出場した栄えあるビーチ相撲協会メンバーは加形さん、古賀さんの両副理事長、松本さん、西島さんの四名!

結果は残念ながら三位以内の入賞者はいませんでした。(ちなみに優勝は全国大会常連らしい高校生)
が!

西島さん、松本さんのお二人が敢闘賞に表彰されました。
そして閉会式での講評では加形さん、古賀さんの名前まで出して頂き、我ら日本ビーチ相撲協会の面目躍如たる結果となりました。
(かくいう筆者は三連敗で早々と脱落…精進致します。)

大会終了後は加形さんのご自宅で当日の反省会、並びにお食事会。
取り組みで疲れた身体に染みる加形家お手製の優しさ溢れるおでんをつつきながら、録画した今大会のそれぞれの取り組みを見て反省。
個人的な感想ですが自分の意識と同じように身体は動いてくれてないのだな…と痛感。うーんまだまだです
個人の取り組みを録画→それを見て反省という流れはこれからの練習、イベントでも活用出来たらいいなと思いました。

今回の活動は相撲の楽しさを純粋に楽しめる結果となりました。
アマチュアと呼べるほど経験を積んでいない、言うなれば素人の人間が裸でぶつかり合う…。圧倒的な実力差が無いからこそ存在する相撲の純粋な楽しさというものが今大会にはあった気がします。

最後になりますが、当日参加、並びに撮影等お手伝いしていただいた皆様、お疲れ様でした。また今回のイベントでお会い出来なかった方もまた次の機会にお会い出来るのを楽しみにしております。


それでは、拙文読んで頂きありがとうございました。
これにて活動報告とさせて頂きます。

文責・米山

【イベント告知】猿島BBQ

参加者のみなさんおはようございます!本日のBBQは予定通り決行いたします。

■概要■
●10月5(日)集合:9:00 解散:17:00
●集合場所:JR横須賀駅・車でお越しの方は三笠公園内フェリー乗り場で古賀・加形
と合流、京急横須賀中央駅の方は9時に駅前西友にて熊木・福山と合流
●アクセス:http://www.sarusima.com/sarusima/access.html
●当日の連絡先:古賀・加形・熊木・福山
 ※連絡先電話番号等は参加者にお送りしているメールに記載しております。
●参加費:3500円(学生2000円)※上陸時に徴収
●諸連絡事項
 ・三笠桟橋からの往復フェリーは各自負担(1200円)
 ・クーラーボックス、キャリーなどをお持ちの方はご協力お願いします。
●関連URL http://www.sarusima.com/


それでは猿島でお会いしましょう!