ビーチ相撲ルール・試合の流れ

ロゴブルー横ミニ

ルール:
一.目潰し禁止
二.金的禁止
三.威嚇行為禁止
四.張り手禁止
五.のど輪禁止
六.腰より上の持ち上げ禁止
七.関節技の禁止
 
以上が主な禁則事項となります。普通に相撲をとれば問題はないかと思いますが、行司が危険と判断した際は対戦途中でも競技を中断する場合がありますのであらかじめ御了承ください。ビーチ相撲は相手を痛めつけることが目的ではありません。裸一貫で全力を尽くし、また、裸一貫で全力を尽くしてくる対戦相手への礼儀を忘れないよう、どこまでも爽やかに戦いましょう。
 
準備運動:
準備運動は事前に各自で行っておいてください。内容はラジオ体操程度のもので結構ですが、手首と足首のストレッチも忘れずにお願いします。また、相撲で最も痛めやすい部位は「首」です。首は前後左右、回転させ、しっかりとほぐしておいてください。
 
対戦詳細:
一.対戦される方はアクセサリー・時計等、身に付けているものは事前に外しておいてください。
二.「次の対戦の方は―」と呼び出しを受けた方は速やかに土俵横にお集まりください。
三.前の方の対戦が終わる前に係の者の指示に従ってマワシを装着します。
四.礼→蹲踞(そんきょ)→仕切り 五.対戦
※大相撲と違い、ビーチ相撲では「はっけよい!」の「は」の発声と同時に勝負が始まります。タイミングよく立ち合うことで勝負を有利に進めることができるかもしれません。本番前に御友人と何度か練習されてみてはいかがでしょうか。
六.礼をして退場
 
以上の流れを簡単に頭に入れておきましょう。

(2009.6.21記)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL