猿島ビーチ相撲大会2011レポート


 

7月23日(日)神奈川県横須賀沖にある猿島でビーチ相撲大会が開催されました!
今年も横須賀市様、猿島の管理会社である株式会社トライアングル様のご支援の元
例年以上に盛り上がりました!


    設営のため朝一番のフェリーで猿島へ!
猿島は東京湾最大の自然島であり無人島でもあります。
無人島ときくと行くのが難しいイメージがありますが、
猿島は横須賀三笠橋からフェリーで10分という高アクセスなのです。



いざ!上陸です!
今回は来島者が多くなることが予想されるために出た臨時便での上陸
大会の盛り上がりが目が浮かぶようです。




スタッフは手慣れた様子で土俵作り。







加形事務局長の開会宣言により、いざ!大会開始です!





と、その前に参加者全員でラジオ体操。
楽しい夏の思い出も怪我をしてしまうと台無し。しっかり身体を動かします!
いよいよ開始です!



男子個人戦!
裸の漢が本気でぶつかりあう

会場の熱気は凄まじいものがあります!





























砂が巻き上げられる白熱の試合!
土俵に一度上がれば、不思議とアツくなる!
観客としてももちろん楽しめるけれど、やはり相撲の楽しみは実際に土俵で一番とってこそ!






男女団体戦では女子だって相撲をとります!
男子とは違う、女同士のガチ勝負!
土俵に上がれば、一人の力士!本気です!


























そして、今年から導入のわんぱく相撲部門!
安全面を考慮し、年齢体格が同じくらいの対戦になるよう、協会側で調整しましたが、
子供の一生懸命に相撲をとっている姿は微笑ましく、
本人達にもきっと良い思い出になったことと思います!

いつかビーチ相撲出身の力士が誕生するかもしれませんね!

























表彰。
今年は個人戦、団体戦、わんぱく相撲の出場枠全てが埋まる盛況ぶり。

今年も多くの方に相撲の楽しさを伝えることが出来たのならば、協会スタッフとしてこれ以上の喜びはありません!

また次の舞台でお会いしましょう!



コメント